GitBookでMermaidを使えるようにしたお話。

GitBookでちょっとシーケンス図を書きたくなったので、拡張を書いてみた。

gitlab.com

GitBookには、Pluginの機能があり、そもそも拡張なんか書かなくても簡単にMermaidくらいなら追加することができるようになってはいる(https://plugins.gitbook.com/browse?q=mermaid)。だが、それだと後から自分で拡張したくなったときにできなくなってしまうので、訓練も兼ねて書いてみた。

具体的には、Markdown中にある+ tagを見つけたら、その後にあるまでの内容をconに、それより前の内容をpreに、それより後の内容をpostとして、後から定義するfuncに渡しているだけ。同じ方法を使って、コメントだったりを実装できると思う。

追記

コメント拡張を追加した。

gitlab.com

たった3行で新しいコードブロックが実装できるのは非常に良い。